水道水と歯磨き粉は脳に悪影響を与える!?

ha4205ga水道水と歯磨き粉が子供の脳成長に悪影響を与える恐れがあるという研究結果が出たとAFP通信が15日(現地時間)報道した。

フィリップ クランジャンハーバード大公共保険大学教授とフィリップLAN差し上げようがニューヨーク アイカン医大教授で構成された研究陣は水道水の物質を調査した結果、子供の脳成長に邪魔する化学物質の数が12個で2006年6個より2倍に増えたという点を医学ジャーナル’ランセット神経学’を通じて明らかにした。

研究陣は8年前調査で選ばれたエタノール、鉛、メティルスウン、ポルリヨムァバイペニル(PCB),ヒ素、トルエンなど6個の他にマンガン、ふっ素、クロル笛ポス、ティクルロロディペニルトゥリクルロロエタン(DDT),テトゥラクルロロエティルレン(PCE),ポルリブロムァディペニレテル(PBDE)等6個が雷声長有害物質に追加させた。

 

―――管理人の知人の紹介―――――――

葬儀屋を経営する知人のサイトです。
唐突ですが、ホームページで宣伝してくれと言われてしまったので、なすがままに紹介させて頂きます。プレミア葬祭は格安葬儀が売りの葬儀会社です。葬儀は数百万円かかるのがザラですが、プレミア葬祭では数十万円程度からの葬儀が可能です。核家族化が進み、ニートやフリーターが増え、人間関係が希薄になっている昨今だからこそ、こういったお手軽(というのは語弊がありますが)な葬儀が必要なのかもしれません。

――――――――――――――――――――

新しく名前をあげた物質は殺虫剤、ドライクリーニング用品、来演 (内縁、内燃)材など日常生活で簡単に接することができる物品に含まれている。 特にふっ素は虫歯予防効果があって歯磨き粉の主成分で使われて多い国ではこれを水道水に添加している。

研究陣は子供の6分の1が自閉症や注意力欠乏過剰行動障害(ADHD),乱読症(証)と同じ障害を病んでいてこのような疾患の増加と化学物質露出の間には深い関連性があると主張した。

研究陣は”全世界子供たちが自身も分からない間に毒性化学物質に露出して徐々に知能が弱くなって性格が異常になっている”として”特に開発途上国でもっと深刻なこのような現象は子供たちの未来を亡ぼして社会に悪影響を及ぼしている”と憂慮した。

合わせて市場に登場する新しい化学物質だけでなく既に産業用で使われている化学物質に対する調査をまたするならば毒性物質による被害の相当数を減らすことができると強調した。

しかし専門家たちは今回の研究が過去に出てきたそれぞれ違った信頼度を持つ研究結果に基づいていて制限点も持っていると指摘した。教授は”今回の研究は科学的な厳格性が欠如している”として”研究者の推測がとてもたくさん含まれていて有効性を認めるのが不可能だ”と批判した。

他の専門家たちは自閉症とADHD、脳性マヒ、乱読症などが化学物質に対する露出と絶対的な関連性を有していないと主張した。

場コルディン ブリストル大学博士は”研究陣はふっ素が子供の知能に影響を及ぼすと言いながらちりんと1枚の報告書だけを根拠としている”として”それぞれ違った濃度のふっ素が入っている水道水が供給された村子供たち間知能指数(IQ)が違うという理由だけでふっ素が脳開発に影響を及ぼすということは難しい”と話した。

彼は”これらはさらに子供たち一人一人のふっ素摂取量とIQの関連性さえ比較しなかった”として”これは良い研究事例ではない”と付け加えた。

special thanks (pr)
離婚相談ならアヴァンセ///最近は特に子供が成人を迎えた熟年離婚のケースが増加しています。親権の問題は発生しませんが、その分厄介なのが財産分与。長年ため込んだ財をどう分けていくか?そういった非常にデリケートな、やり方を間違えてはいけない分野だからこそ、我々のような専門家にお任せください!
サブコンテンツ

このページの先頭へ